バスピンがデパスに似ている理由

バスピンがデパスに似ている理由

バスピンがデパスと効能が似通っている理由としては、どちらの薬も、うつ病や不安な症状を軽減させてくれる働きが殆ど同じである、ということが考えられます。また、バスピンとデパスは、依存しにくいので安心して服用できるという理由で、世界中で注目を集めている点も、双方の薬に共通しているポイントであるのは間違いありません。更に不眠症でもデパスが用いられるますが、配合成分がよく似ているパスピンで代用することが十分に可能な点も、似ている理由の1つです。

デパスの代わりを通販で購入するならくすりぴあ

バスパージェネリックがデパスに似ている理由

バスパージェネリックがデパスに似ている理由

バスパージェネリックはデパスと似ている効果を持つ薬です。抗不安薬効果のある成分が含まれているため、中枢神経にあるセロトニン受容体に働きかけて、精神を落ち着かせる作用があります。また薬の依存性も少ないので、使用し続けても副作用のリスクが少ないため、抗不安剤として服用し続けることができるでしょう。摂食障害や体温調節、不眠症などの症状を改善することができる薬としてバスパージェネリックをデパスの代替品として使用することができます。

バスパージェネリックの効果はデパスの効果と同じ?

バスパーとバスピンはどちらが強い?

バスパーとバスピンはどちらが強い?

"あがり症対策や緊張緩和として用いられるバスパーですが、そのバスパージェネリックとしての役割が、バスピンです。バスパーは、抗不安薬として早い段階に登場したデパスと呼ばれる薬が、厚生労働省によって認定されたため価格が上昇したため、代わりの安い薬として注目を集めました。 そんなバスパーとジェネリックであるバスピンは、有効成分を同じ塩酸ブスピロンとしてあるため、同量の塩酸ブスピロンであれば強さや副作用は同じと考えられます。

バスパージェネリックを通販するならお薬boxで

バスピンとバスパー以外に催眠作用がある薬は?

バスピンとバスパー以外に催眠作用がある薬は?

デパスやバスパージェネリックのバスピン以外に催眠作用がある薬としておすすめなのはアモバンを改良したルネスタという非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。2012年に開発されたばかりのまだ新しい薬で、ベンゾジアゼピンを使用しないために副作用が少ないというのが大きな魅力です。効きも早く、服用すればすぐにすっと眠ることができます。ルネスタは睡眠導入だけでなく、中途覚醒に効果も高いので、夜中に目が覚めるということも少ないです。

今後デパスに似た薬は発売される?

今後デパスに似た薬は発売される?

デパスとは、神経に作用する薬で一般名は「エチゾラム」と言われています。とてもメジャーな薬で、1984年に発売された時から代表的な抗不安薬として使用されている精神不安薬です。メジャーになった理由の1つとしては、幅広い薬剤効果があります。しかし、デパスは2016年10月に個人輸入が禁止されました。そこで個人輸入ができなくなったデパスに似た薬が開発されるようになり、それらは現在でも通販で簡単に購入することが可能です。