バスパーとバスピンの比較

バスパーとバスピンの比較

ストレス社会と言われる現代、うつ病を発症する方は多くいます。ただ単に気持ちが落ち込むだけではありません。仕事ができなくなりますし、眠ることもできず睡眠障害に陥ることも。

落ち込んだときにそのまま自殺を図ってしまったら命の危険性さえ出てくる病気なのです。抗うつ剤を服用しながらきちんと療養すれば治る病気です。無理をせず何らかの対処をするようにしてください。

抗うつ剤として有名なのはデパスというお薬です。精神科で処方されることもあるでしょう。ただし、精神面に働きかけるお薬だけに副作用も心配です。デパスよりも比較的依存性などの副作用が少なく、代替え薬として人気なのがバスパーなのです。

もちろん、めまいや頭痛・倦怠感・強い眠気などバスパーにも副作用がないとは言えませんが、他と比べると軽い方なので気軽に使用できます。他と比べて効果が現れるのが緩やかな分、副作用も低くなっているのです。

セロトニン5-HT1A受容体作動薬で脳内伝達物質のセロトニンを刺激し、ドーパミンやアドレナリンなど気持ちを高める神経伝達物質を増やし、緊張や不安や憂鬱感をおさえてくれるのです。

気分が落ち込んだときにすぐに服用できるようバスパーは手元に置いておきたいものです。とはいえ常用薬として購入するならもっと安く手に入れたいというならバスパージェネリックのバスピンはいかがでしょう。

バスパーの特許が切れたあとに同じ成分で製造されたお薬ですから、どちらが強いというわけでもなく効果も同じです。もちろん副作用も同じように出てくるためご注意ください。それでいて、非常に安価に手に入れることができるというのがメリットです。

催眠効果もあるため不眠症でお悩みの方にもおすすめです。気持ちが安らいでいるときに服用すればうつになりにくくもなります。薬で少しずつ気持ちをやわらげていき、うつ症状を改善して行きましょう。

バスピンはまだ日本で厚生労働省の承認を受けていません。そのため普通に薬局などで手に入れることはできません。個人輸入代行を利用して購入してください。

日本で承認されていないとはいえ、海外では多くの患者さんが抗うつ剤・抗不安剤として使用しているため効果も保証されています。

信頼できるサイトを利用するようにすればあなたの症状にも良い効果をもたらしてくれるでしょう。デパスを使用することで依存症や耐久性・退薬症状が出てきたという方も試してみてください。