バスピンはデパスに似ている?

バスピンはデパスに似ている?

仕事や学校、日常的なストレスが原因でうつ病やパニック障害、不眠症などの精神的な病を患っている方が多くいます。こうした病を患っている方は日々悩まされているのが、不安や焦り、恐怖などといった症状です。

症状を緩和させるために処方されるのが「抗不安薬」です。服用することで、気分をリラックスさせ緊張を緩和させることができます。

中でも「デパス」は効果を短時間で感じることができるため、精神的疾患に悩む人々の救世主となる存在でした。病院での処方はもちろんのこと、個人輸入代行の通販サイトでも購入ができることも魅力となっていました。

しかし、ここ最近、デパスが「向精神薬」に指定されたこともあり、個人輸入代行での通販での購入が一切できなくなりました。理由としては、向精神薬に類似する依存性などが認められたことによります。

そのため、これまで仕事や学校が忙しく病院に行く時間がない人や効果を試してみたい人にとっては、自分が好きな時に通販サイトで購入することができなくなり、致命的な出来事となってしましました。

デパスが通販サイトで購入できなくなったことでデパスに似ている作用をもっている「バスピン」に注目が集まっています。バスピンは「バスパー」という抗うつ剤のジェネリック医薬品になります。

不安障害や不眠症などの改善に用いられる薬です。日本ではあまり認知度がありませんが、海外では長く親しまれている薬です。デパスとバスピンが似ている理由としては、落ち込んだ時に飲むとしっかりとした効果を感じやすいことです。

服用後には、緊張がほぐれてリラックスした気分を持続することができます。人前で緊張しやすい人や不安を感じやすい人にお勧めです。バスピンは安全性も高く、依存性も少ないところも魅力です。

ほかの、抗うつ剤などに比べて副作用が少ないので手軽に試すこともできます。

しかし、少ないとはいえ、人によってはめまいや頭痛、倦怠感、強い眠気などを感じることもありますのでこのような症状を感じたら服用を控え、薬剤師や医師に相談しましょう。

また、「バスパー」のジェネリック医薬品ということで非常に安い価格で購入できることもメリットです。こうした薬は長期間にわたって服用することが多いので、コストが安いことで継続しやすくなるでしょう。

もちろん、病院で医師の診察の上に処方をしてもらうこともできますが、個人輸入代行の通販サイトでの購入も可能です。